カードローンの仮審査は本審査と何が違うのか内容や履歴も

MENU

カードローンの仮審査は本審査と何が違うのか内容や履歴も

 

カードローンの審査で最初に行われるのは仮審査になります。

 

仮審査の後に本審査が行われ、本審査通過後に契約へと進むことが多いです。

 

仮審査と本審査にはどんな違いがあるのか、詳しくは次をご覧下さい。

 

○ 仮審査

仮審査と本審査では、調べる内容異なります。

 

申込者の信用力と返済能力を調べているのが、カードローンの仮審査です。

 

年齢や職業、勤続年数、収入など申込者の属性に対し、コンピューターがスコアリング(点数化)を行います。

 

スコアリングが審査基準を満たした場合は仮審査合格となり、本審査へと進みます。

 

スコアリングが審査基準に満たない場合は仮審査不合格となり、カードローンとの契約はできません。

 

○ 本審査

本審査では必要書類の確認、勤務先への在籍確認などを行っています。

 

必要書類は本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)、収入証明書類(源泉徴収票や給与明細書など)の2種類です。

 

本人確認書類で申込者が本人であるかどうか、収入証明書類で申込者に収入があるかどうか調べています。

 

勤務先への在籍確認では、電話をかけて申込者が勤務先に在籍しているかどうか調べています。

 

○ 仮審査でも履歴は残るのか

仮審査では、申込者の個人信用情報に照会をかけています。

 

照会した履歴が、個人信用情報に残るのです。

 

個人信用情報への照会履歴は、金融機関で共有できるため、他社であっても審査を受けたことが分かります。

 

審査に落ちた履歴も分かるため、他社の審査が不利になる恐れがあるのです。

 

○ まとめ

仮審査合格となれば、本審査で落ちるケースは少ないです。

 

ただし、年収や勤務先など、嘘を申告すると信用を失ってしまうため、仮審査合格後であっても本審査で落ちることがあります。

 

年収は勤務先や勤続年数などである程度分かります。

 

勤務先は在籍確認時に分かりますので、嘘のない情報を申告して下さい。